【動画】パルマンの物語 アブラヤシ農園で働くということ

インドネシアやマレーシアのアブラヤシ農園で起きている労働者の人権侵害について、日本の方々にもこの現実を知ってもらうため、「ワヤン」というインドネシアの伝統芸能である影絵で表現しました。 このお話は、インドネシアのスラウェシ島からマレーシアのアブラヤシ農園に2000年ごろに出稼ぎに行った男性が経験した事実に脚色を加えたストーリーです。固有名詞はすべて仮の名前を使用しています。    ...

インドネシア、森林で操業するパーム油企業に罰金を科すことを約束

2023.12.27 Climate Home News インドネシアは金曜日、森林地帯内で操業しているパーム油企業に対し、総額4兆8,000億ルピア(3億1,010万ドル)の罰金を科すと発表した。海洋・投資省のFirman Hidayat氏は記者団に対し、既に4,750億ルピア(3,070万ドル)以上の罰金が科されたことを明らかにしたが、それ以上の詳細は話さず、罰金が科された企業名も明らかにしなかった。しかし、専門家や活動家は、罰金が実際に支払われたかどうかを確認するのは困難であり、罰金のレベルは「極小」であると述べた。...

RSPO、2024年に新たなパーム油追跡システムを開始

2023.11.21 Reuters 持続可能なパーム油円卓会議(RSPO)は、認証を超えた持続可能性の証明を求める世界中のバイヤーの要求に応え、商品の原産地と環境認証を追跡するための新しいシステムを開発中であると発表した。RSPOは今年10月に、植物油サプライチェーンに関するより多くの情報を提供する新しいシステムを開発するために、アグリデンス、CIED、オーストラリアのNGISで構成されるアグリテック企業のコンソーシアムを任命したと述べている。...

判決はパプアの森をパーム油のためのさらなる皆伐から救う

2023.9.11 Mongabay ジャカルタ国家行政裁判所は9月9日、南パプア州にあるタナメラアブラヤシ農園の巨大プロジェクトで操業するプランテーション企業2社、メガカルヤ・ジャヤ・ラヤ(MJR)社とカルティカ・シプタ・プラタマ(KCP)社が起こした訴訟を棄却した。 この2社はイエメンに本拠地を置くヘイセル・サイード・アナムコングロマリット傘下のパシフィック・インターリンクと関係がある。判決は、コンセッション内での皆伐を中止し、残された森林を保全するよう企業に求めている。...