マレーシア大手へのパーム油禁輸措置から6ヶ月 いまだ改善は見られず

レインフォレスト・アクション・ネットワーク ー 2021年3月31日 FGVが米国へのパーム油輸出を禁止されてから6ヶ月が経過したが、いまだ強制労働に改善はなく、現場では多くの労働者から問題が指摘されている。 米国の公正労働協会(FLA)は、FGV社の行動計画の進捗状況に関するレポート“Findings on the Progress of FGV’s Action Plan...

10/12(火)【オンラインセミナーシリーズ】第6回:EUの動向から考えるバイオマス発電の先行き

https://www.foejapan.org/forest/biofuel/2020.html#shiryo 再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の導入により、木質ペレット、PKS、パーム油などを使ったバイオマス発電事業がここ数年の間で急激に増えました。その多くは海外で生産された燃料に頼っています。バイオマス燃料の生産のために天然林が皆伐され、野生生物の生息地が脅かされるといった報告が生産国から相次いでいます。...