パーム油調達ガイド

責任あるパーム油調達の具体的な方法やその背景を解説したサイトです

パーム油の事を 知っていますか?

そもそもパーム油とは何なのか、何が問題なのかを解説しています

 

問題を知るへ

企業のリスクを 知っていますか?

パーム油調達に潜むリスクをチェックリストで診断!

リスクを知るへ

FITの問題点

知っていますか?
『バイオマス発電』のホント

FITの問題点へ

責任あるパーム油調達へ

どのような取組が必要なのか

調達ガイド実施に役立つ情報

最新情報

PKS価格が高騰、パーム生産縮小でPKS供給減(インドネシア)

パームエナジーニュース パーム椰子殻(PKS)価格が高騰している。インドネシア政府が4月下旬から5月下旬にかけて食用パーム油とその派生品の輸出を規制したため、パーム油企業が輸出できず、パーム油の生産規模が縮小した。そのため、パーム油の生産における副産物であるPKSの生産量も減少したという。インドネシアのパーム油輸出企業によると「PKSの供給に対して需要が多すぎる事態になり、PKSが不足している」と語る。...

続きを読む

パーム油企業、法的トラブルで窮地に陥るなか森林開発再開(インドネシア)

Mongabay パーム油企業のセメラン・アバディ社(以下、CA社)が、トラやオランウータン、サイ、ゾウが共存する地球上で唯一の場所であるルーサーエコシステム(インドネシア・スマトラ)内の自社コンセッションで森林の皆伐を再開した。国際NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)による衛星画像分析から、2021年9月から2022年2月にかけてCA社が309ヘクタールの二次林(若齢林含む)を皆伐したことが分かった。...

続きを読む

パーム油企業、許可証なく皆伐(インドネシア)

Mongabay パーム油会社ペルマタ・ヌサ・マンディリ社(以下PNM社)が、パプア州ジャヤプラ県にて皆伐を開始した。 この皆伐は、インドネシアの環境森林省が今年1月に、開発が行われていないことを理由に(森林開発)許可取り消しの対象となる100社以上を公表した直後に始まった。PNM社もこの100社に含まれていた。...

続きを読む