パーム油調達ガイド

責任あるパーム油調達の具体的な方法やその背景を解説したサイトです

パーム油の事を 知っていますか?

そもそもパーム油とは何なのか、何が問題なのかを解説しています

 

企業のリスクを 知っていますか?

パーム油調達に潜むリスクをチェックリストで診断!

FITの問題点

知っていますか?
『バイオマス発電』のホント

責任あるパーム油調達へ

どのような取組が必要なのか

調達ガイド実施に役立つ情報

最新情報

HIS=バイオマス子会社を譲渡、パーム油高騰で採算悪化

HIS=バイオマス子会社を譲渡、パーム油高騰で採算悪化

RIM エイチ・アイ・エスは31日、バイオマス発電子会社のH.I.S.SUPER電力(HSP)を南国殖産系列の九州おひさま発電に譲渡すると発表した。HSPの発電所はパーム油を燃料とするが、ここ最近はパーム油の価格高騰で採算性が悪化。慢性的な赤字体質に陥っており、再建には時間を要するとの判断から譲渡を決めた。譲渡額は非公開。九州おひさま発電は鹿児島県で太陽光発電事業などを手掛けている。 詳しくはこちら...

続きを読む
花王、パーム油代替原料の新興企業に出資

花王、パーム油代替原料の新興企業に出資

日経新聞 花王は29日、パーム油代替原料の生産・販売を目指す米新興企業に創立メンバーと して出資したと発表した。出資額や企業名は非公表。 同新興企業には、植物由来の素材などを開発する米化学メーカーのジェノマティカ と英ユニリーバも計約170億円出資している。ジェノマティカの技術を活用し、同 新興企業のパーム油代替原料の生産能力拡大などを後押しする。 花王によると、同新興企業が開発する代替原料は、パーム油由来原料に比べて最大 5割の二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込めるという。...

続きを読む
労働者グループ、あらたな裁判で勝利を目指す(インドネシア)

労働者グループ、あらたな裁判で勝利を目指す(インドネシア)

Mongabay 昨年、インドネシア最高裁は、世界最大のパーム油企業の一つであるインドフード 社の子会社ロンドン・スマトラ社(以下、ロンスマ社)に、解雇した労働者らへの 約3万5000ドル相当の退職金の支払いを命じた。 2020年2月、インドネシアの労働団体OPPK等は、メダン労働裁判所にロンスマ社が 労働法に違反しているとして同社に対し6つの訴訟を提起していた。原告らは全員 、ロンサム社と口頭での契約により労働に従事していたが、2016~2017年にかけて...

続きを読む