2023.12.7 Mongabay

南パプア州の先住民アウユ族の人々は、先祖代々の土地にある原生林2万6326ヘクタールを伐採するというパーム油会社、PTインド・アシアナ・レスタリ(IAL。マレーシアのホールアジアグループ傘下)の計画に事実上ゴーサインを出した裁判所の決定を激しく非難した。
IALの3万9190ヘクタールのコンセッションは、タナメラプロジェクトの一部であり、このプロジェクトが全面的に開発されれば、地球上で3番目に広い熱帯雨林28万ヘクタールが、複数の企業が運営する連続したアブラヤシ農園に置き換えられることになる。
アウユ族は、IALの操業により影響を受けることになるにもかかわらず、彼らは許可証発行プロセスに参加しておらず、これは、許可証発行のプロセスに先住民を参加させるよう政府に義務付けた2021年パプア特別自治法に違反するものだと主張していた。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2023/12/indigenous-groups-rebuke-court-ok-for-palm-oil-company-to-raze-papua-forests/