パーム油調達ガイド

責任あるパーム油調達の具体的な方法やその背景を解説したサイトです

パーム油の事を
知っていますか?

そもそもパーム油とは何なのか、何が問題なのかを解説しています

 

問題を知るへ

企業のリスクを
知っていますか?

パーム油調達に潜むリスクをチェックリストで診断!

リスクを知るへ

責任あるパーム油調達へ

どのような取組が必要なのか

調達ガイド実施に役立つ情報

最新情報

アムネスティ・インターナショナル:ユニリーバ、ネスレ、P&Gなど世界的大手が人権侵害に加担

アムネスティは、インドネシアのパーム油生産における違法労働の実態を調べ、それを世界的に知られる企業が支えている実態を明らかにした。調査したのはパーム油生産で世界最大手のウィルマー・インターナショナルが経営するアブラヤシ農園で、そこで作られるパーム油が、次の9社に供給されていることがわかった。その9社とは、AFAMSA、ADM、コルゲート・パーモリーブ、エバランス、ケロッグ、ネスレ、プロクター & ギャンブル、レキットベンキーザ、ユニリーバだ。...

続きを読む

インドネシア パーム油認証の規定強化、大統領令制定へ

2017/04/20 – The Daily NNA労務・人事・安全ニュース インドネシア政府は、環境に配慮した合法的な農法を目指す「持続可能なパーム油の国内規定(ISPO)」の導入促進に向け、ISPO認証を発行する団体を増やすことなどを定めた大統領令を7月にも公布する。パーム油産業が森林破壊や児童労働の温床になっているとして、欧州連合(EU)を中心にパーム油規制の動きが強まっていることに対応する措置とみられる。...

続きを読む

欧州議会、植物油のバイオ燃料利用廃止やパーム油単一認証制度創設を要請する決議案を採択

2017/04/17 – Sustainable Japan  EUで下院の役割を担う欧州議会は4月4日、パーム油生産者が引き起こす森林破壊を止めるため、EU域内市場に持ち込むパーム油に関する単一認証制度を導入する決議案を賛成640、反対18、棄権28で採択した。決議案には、パーム油を用いた火力発電を段階的に廃止する内容も盛り込まれた。今回の決議案は法案ではないが、EU行政府の役割を担う欧州委員会に対し政策立案を促す意味合いを持つ。...

続きを読む