ニュース一覧

ニュース一覧

【セミナー】1/27(土)利用される「住民の合意」 ~インドネシア ボルネオ島 アブラヤシ農園開発~

利用される「住民の合意」 ~インドネシア ボルネオ島 アブラヤシ農園開発~ 詳細はこちら→http://www.jca.apc.org/~janni/   講師: 浦野 真理子(北星学園大学教員・JANNI運営委員) 日時: 2018年1月27日(土)午後2時30分~4時30分(午後2時開場) 場所: 渋谷区 氷川区民会館 集会室 (渋谷区東2-20-18) JR 渋谷駅またはJR恵比寿駅より徒歩10分 資料代: 1000円(JANNI正会員 500円) ※予約不要  ...

続きを読む

EUのパーム油規制に攻勢、KLMに抗議

NNA ASIA - 2017/11/28 インドネシア政府が、欧州連合(EU)のパーム油輸入規制の動きに攻勢をかけている。2015年にマレーシア政府と設立した「パーム油産出国委員会(CPOPC)」の代表がEU本部のあるベルギーの首都ブリュッセルで先週からロビー活動を開始。KLMオランダ航空の機内誌がパーム油の不使用を呼び掛ける内容の記事を掲載していることに対し、一部文言の削除を求める抗議書簡を送った。27日付ジャカルタ・ポストが伝えた。...

続きを読む

ESG観点から見るパーム油のリスク、専門家が解説

Sustainable Brands - 2017.12.08 水口剛・高崎経済大学経済学部教授は12月7日、ESG投資の観点からパーム油のリスクについて考えるシンポジウムに登壇した。非財務情報を投資の指標とするESG投資の動きは欧州から日本に伝わったため、「欧州で起きていることを注視する必要がある」とした。欧州では環境破壊につながるパーム油の規制が進んでおり、「日本企業がこのまま使い続けると、レピュテーションリスクにかかわる」と警告した。講演の要旨をまとめた。(オルタナS編集長=池田 真隆)...

続きを読む

パーム油発電、計画申請急増 燃料用生産量の半分必要、持続可能か懸念

朝日新聞デジタル - 2017年12月7日 アブラヤシの実からとれる「パーム油」を燃料に使うバイオマス発電の計画申請が国内で急増している。地球温暖化対策になる再生可能エネルギーのひとつだが、申請全体で必要な量が世界の燃料用パーム油生産量の半分にも匹敵する。過剰な計画は原産国の環境破壊につながりかねず、持続可能性にむしろ疑問符がつく。...

続きを読む

フォレスト・ピープルズ・プログラムが主要なパーム油の認証基準を比較したレポートを発表

森林に暮らしを依存する人々を支援する非政府組織である「Forest Peoples Programme」は、2017年11月22日「A Comparison of Leading Palm Oil Certification Standards」を発表した。 このレポートでは、6つの異なる分野における社会・人権に関する39を超える包括的な指標と比べることによって、パーム油の持続性に関する基準(RSPO、ISCC、ISPO、MSPO、SAN、HCS、RSB)を比較している。...

続きを読む

マレーシアの主要パーム油企業が画期的な労働方針を発表

2017年10月31日-  マレーシアの主要パーム油企業が画期的な労働方針を発表          IOIグループが、強制労働、児童労働、労働者搾取横行の産業界に新基準 サンフランシスコ – 本日、マレーシアのパーム油大手IOIグループは3つの主要な労働方針を発表した。これは、労働者に募集時に課していた手数料の徴収を止め、組合設立の自由を尊重し、生活賃金の支払いに努めるというものである。これらの方針は、労働者の権利侵害と労働者搾取が繰り返し発覚している産業界において新たな基準をまとめたものとなっている。...

続きを読む

12月7日(木)シンポジウム「パーム油発電の環境・社会影響を考える~ESG投資の観点から~」

http://www.gef.or.jp/news/event/171207palm/ 2017年9月末時点で、経済産業省が再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)により認定したバイオマス発電約1,400万kWの認定のうち、9割以上が輸入バイオマスを主な燃料とする一般木質バイオマス発電であり、その3割以上がパーム油を燃料とするものです。認定された事業の1割が稼働した場合、年間約90万トンのパーム油を燃やすことになり、日本のパーム油輸入量75万トンが一挙に2倍以上になり、非常に大きなインパクトがあります。...

続きを読む

環境に優しいはずが-パーム油発電事業の矛盾、再エネ推進の課題に

2017年11月8日 - Bloomberg 輸入化石燃料への依存度軽減に向けた再生可能エネルギーの利用促進策が、熱帯雨林などの破壊につながり環境問題の一因と指摘されているパーム油を燃料に使う発電所計画が増えるという皮肉な結果をもたらしている。 東日本大震災後、政府は化石燃料に変わる代替エネルギーの利用を促進するため2012年に再生可能エネルギーの買い取り制度を導入した。最近は、主要な再生可能エネルギーである太陽光発電に適した場所が少なくなり買い取り価格も低下してきたことから、バイオマス発電案件の認定が増えている。...

続きを読む