ニュース一覧

ニュース一覧

マレーシアの主要パーム油企業が画期的な労働方針を発表

2017年10月31日-  マレーシアの主要パーム油企業が画期的な労働方針を発表          IOIグループが、強制労働、児童労働、労働者搾取横行の産業界に新基準 サンフランシスコ – 本日、マレーシアのパーム油大手IOIグループは3つの主要な労働方針を発表した。これは、労働者に募集時に課していた手数料の徴収を止め、組合設立の自由を尊重し、生活賃金の支払いに努めるというものである。これらの方針は、労働者の権利侵害と労働者搾取が繰り返し発覚している産業界において新たな基準をまとめたものとなっている。...

続きを読む

12月7日(木)シンポジウム「パーム油発電の環境・社会影響を考える~ESG投資の観点から~」

http://www.gef.or.jp/news/event/171207palm/ 2017年9月末時点で、経済産業省が再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)により認定したバイオマス発電約1,400万kWの認定のうち、9割以上が輸入バイオマスを主な燃料とする一般木質バイオマス発電であり、その3割以上がパーム油を燃料とするものです。認定された事業の1割が稼働した場合、年間約90万トンのパーム油を燃やすことになり、日本のパーム油輸入量75万トンが一挙に2倍以上になり、非常に大きなインパクトがあります。...

続きを読む

環境に優しいはずが-パーム油発電事業の矛盾、再エネ推進の課題に

2017年11月8日 - Bloomberg 輸入化石燃料への依存度軽減に向けた再生可能エネルギーの利用促進策が、熱帯雨林などの破壊につながり環境問題の一因と指摘されているパーム油を燃料に使う発電所計画が増えるという皮肉な結果をもたらしている。 東日本大震災後、政府は化石燃料に変わる代替エネルギーの利用を促進するため2012年に再生可能エネルギーの買い取り制度を導入した。最近は、主要な再生可能エネルギーである太陽光発電に適した場所が少なくなり買い取り価格も低下してきたことから、バイオマス発電案件の認定が増えている。...

続きを読む

11月14日(火)【イベント】「バイオマス燃料の持続可能性基準に関する勉強会」のお知らせ

http://www.gpn.jp/archives/gpnnews/archive/2017/10/001181.php GPNでは、現在「電力」契約ガイドライン策定タスクグループ(TG)を立ち上げ、電力の環境配慮事項についての検討を進めています。 再生可能エネルギーの中でもバイオマス燃料については、海外からの輸入燃料を利用した発電所が多く計画されており、その持続可能性について疑問視されているものもあります。...

続きを読む

グリーン購入ネットワーク(GPN)が環境・社会面に配慮したパーム油使用製品紹介ウェブサイトを公開

日本初!「環境・社会面に配慮したパーム油使用製品紹介ウェブサイト」を公開 グリーン購入ネットワーク(事務局:東京都中央区 会長:平尾雅彦)は、「環境・社会面に配慮したパーム油使用製品紹介ウェブサイト」を公開しました。持続可能なパーム油使用製品の特集ウェブサイトは、日本で初めてとなる取り組みです。 ウェブサイトはこちら 情報提供の目的...

続きを読む

イオン、環境配慮の枠組み参加へ 加工食品使用のパーム油 国内小売り初

2017/10/23 – SankeiBiz  加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事になっているのを踏まえ、イオンと日本生活協同組合連合会(日本生協連)が、人道的に生産されたパーム油の購入を促進する国際枠組みに参加する方針を固めたことが分かった。この分野で日本企業は大きく出遅れており小売業では初めて。両者の判断をきっかけに、国内企業でも対応が広がる可能性もある。...

続きを読む

パーム油にも環境認証の波 じわりコストアップに

2017/10/17 – 日本経済新聞 揚げ油やマーガリンのほか化粧品の原料にも使うパーム油で、環境に配慮して作られたとする認証を受けた製品の調達が増えてきた。パーム油は原料を栽培する時に熱帯林を伐採することから、環境への負荷の大きさが指摘されていた。認証品は通常のものに比べ割高だが、環境保護を重視する社会的な風潮を背景に需要家も利用に動く。日用品の製造コストの新たな上昇要因になりそうだ。...

続きを読む

【水口教授のESG通信】パーム油発電の誤解 -ESGに対する感度を問う

ノルウェーのNGOレインフォレスト基金が今年5月に報告書『泥炭地のために-パーム油バイオディーゼル消費が気候変動に与える影響の理解』を発表した。パーム油を原料にしたバイオマス発電はカーボンニュートラルの観点から気候変動防止に貢献すると考えられがちだが、化石燃料よりも二酸化炭素を多く排出すると報告書は指摘している。 ESG研究所から高崎大学の水口教授がパーム油の問題、上記報告書の概要と日本の課題について説明したコラムが発表された。 コラムはこちら...

続きを読む