9月20日(水)【セミナー】「パーム油」から持続可能な調達を考える第2弾

国際開発学会社会連携委員会主催セミナー 「パーム油」から持続可能な調達を考える第2弾 趣旨: パーム油は、菓子パン、インスタント食品、チョコレート、アイスクリームなどの加工食品や石けん・洗剤など、私たちの身近にあふれる消費材に含まれていますが、その事実があまり知られていないため、日本の消費者の関心を引きにくいのが現状です。しかしながら、パーム油の生産過程では、熱帯林の減少、生物多様性の喪失、労働者や子どもの権利の侵害など、環境、社会に大きな影響を及ぼしていることが、様々な市民団体などから指摘されています。...

SPOTTが最新のアセスメントを公表

2017/06/29 大手パーム油生産企業50社を50以上の指標を用いて、環境社会に関するコミットメントや公表データに基づいた評価を行っているSPOTT(Sustainable Palm Oil Transparency Toolkit)が最新の評価表を公表しました。...