10/1(火)【緊急セミナー】温暖化対策効果のあるバイオマス発電に向けて

日時:2019年10月1日(火)13:30~15:30(13:00からロビーにて入館証配布) 会場:参議院議員会館B107(東京都千代田区永田町2-1-1)     東京メトロ:永田町駅1番出口直結) プログラム(敬称略・予定)  講演1:バイオマス発電と温暖化対策      泊みゆき/バイオマス産業社会ネットワーク理事長  講演2:パーム油・PKS発電と持続可能性      飯沼佐代子/地球・人間環境フォーラム  気候変動の観点からのコメント      江守正多/国立環境研究所 地球環境研究センター副センター長...

9/25(水)【セミナー】第41回フェアウッド研究部会 バイオマス発電~持続可能性の議論はいま

https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2019/190925_ev_fwkenkyu41.html 再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)が始まって7年。今年初めて経産省は「バイオマス発電の持続可能性」を検討するワーキンググループ(WG)を設置しました。 パーム油や木質ペレットなど輸入燃料に大きく依存するFITにおいて、持続可能性はどのように考えられているのでしょうか。...

3/14(木) 国際セミナー「森林減少ゼロとSDGs-グローバル新基準を学ぶ」

https://www.gef.or.jp/news/info/190314zerodeforestationseminar/ 森林減少ゼロは、SDGs15(陸の豊かさも守ろう)や、国連気候サミットの「森林に関するニューヨーク宣言(2014年)」の目標として掲げられています。しかし実際には、世界の森林減少は留まるところを知りません。私たちがほぼ無意識に消費している紙、木材、パーム油、大豆などを生産するために、熱帯林が失われ、陸上の生物多様性も急速に失われています。...

10/24(水)【セミナー】アブラヤシ農園での労働実態と改善への動き 〜農園労働組合代表を招いて、パーム油の調達と投融資から対応策を考える〜

パーム油の8割以上を供給しているマレーシアとインドネシアにおいては、労働者の権利侵害が蔓延しています。例えば、移住労働者や日雇い労働者に厳しいノルマを課し、最低賃金も支払わず、児童労働への関与が認められるなど人権侵害が起きています。米国労働省の調査レポートでも両国でのパーム油生産は児童労働のリスク、マレーシアでは強制労働のリスクも高い産品とされています。...

10/22(月)【イベント】持続可能なパーム油会議2018/JaSPOC ポストオリンピック、2030年のパーム油調達を見据えて

http://www.gpn.jp/project/palm/event2018/ 2015年9月、国連持続可能な開発サミットにおいて、日本政府を含む193の加盟国が採択した持続可能な開発目標(SDGs)に続くように、ESG投資の話題も増えつつあります。2018年に入り、兵器や石炭火力発電と並びパーム油産業に対しても、取引を通じて環境・社会に対する負の影響を助長する可能性が高い業種として、取引の指針を策定する日本の金融機関も出てきました。...