2017/06/28 Mongabay

近年、牛肉やパーム油、大豆が精査される中、米国のNGO、Ceresが「エンゲージ チェーン」という投資家向けの新しいガイドを発表した。環境社会的影響をカバーしたもので、牛肉、とうもろこし、乳製品、繊維素材包装、パーム油、大豆、さとうきび、小麦が含まれる。このガイドではポートフォリオのリスク・レベルをどのように評価するかについての投資家への指針を提供しており、環境や社会への影響が企業に及ぼす可能性のある脅威についての例も示している。
Ceresはトップ投資家、世界的な貿易に関わる多数の企業、環境NGOからの意見を含む専門家による評価プロセスを通してこのガイドを開発した。

詳細はこちら(英語)
Ceresのサイトこちら(英語)